GN倶楽部【GN125・GS125・GZ125・EN125】

SUZUKI GN125・GS125・GZ125・EN125 MOTORCYCLE CLUB

GN125系とは狭義でGN125E・GN125H・GN125-2F、広義にはスポーティーなGS125、ネイキッドのEN125、アメリカンテイストなGZ125(現モデルGZ150)などの兄弟車を含めGN125と共通認識のあるバイクをいいます。

GN125の歴史
1982~1999年に生産されたスズキGN125Eというバイクを中国のバイク製造会社「大長江集団」が、引き継ぐかたちでOEM生産し新車としてGN125Hを販売。2012年からモデルチェンジし、GN125-2Fが販売されています。

設計およびブランドは日本、生産が中国、ということは現在日本で販売されているほとんどの製品と同じ形態なのですが、スズキディーラーが正規販売・保証していない為にバイクショップが独自輸入して販売していることから生産国色の強いバイクとなっています。GN125Hは日本モデルのGN125Eにわりと忠実となっていますが、GN125-2Fは生産国独特なマイナーチェンジを遂げました。

GN125系の魅力

GN125の最大の魅力はまず新車価格で11万円(2012年8月現在のGN125-2F)。お金出せば性能の良いバイクが買えるのは当たり前。でもGN125は50ccスクーターより安い破格の値段にもかかわらず、バイクとしての基本性能の高さで所有する人の心を魅了しています。

125ccクラスのオートバイは原動機付自転車扱いなので税金が安く、走行可能な有料道路の料金は自転車と同じ軽車両扱いなので普通自動車の1/10で通行できたり、GN125のオイル・フィルターなどの消耗品は安く、維持費・走行費が非常に優れています。
任意保険は車のファミリーバイク特約なら年齢に関係なくGN125を何台所有していようが同じ料金です。子供が免許をとってもGN125を買って与えれば家計を圧迫しません。

その他、燃費40km/lで長距離ツーリングする楽しさ、マニュアルシフトとニーグリップでライディングの楽しさ、2人乗りでも十分なトルクとサイズ、シンプル構造で初心者でも挑戦したくなるメンテナンスの楽しさ、タオバオで中国から部品を直輸入してカスタムする楽しさ。
そして今も広がりつつある口コミネットワーク、GN倶楽部で集う楽しさ。

これらの楽しみをこの価格でと思うとそれだけでニンマリしてしまいます

通勤とかでバイクを道具として使うならスクーターのほうが便利かもしれない。けど、趣味性をとるなら断然GN125系ですよ