GN倶楽部【GN125・GS125・GZ125・EN125】

SUZUKI GN125・GS125・GZ125・EN125 MOTORCYCLE CLUB

事故りました

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2018/10/11 15:00
ディニ  一般部員 居住地: 広島県広島市  投稿数: 22
車庫入れのために大きくハンドルを切ってバックしてきた普通車、左側後歩道だけ見ていて、右斜め後に停止していたGNに気づかず。
車右前輪とGN前輪が接触、車がGN前輪に乗り上げる。
ホーンを鳴らしたが、気づかず…
危ないと思い、バイクを見捨てて、離脱。体は無傷、バイクはレバー変形程度?と思いきや、バイク屋の点検結果、フロントフォーク破損等で全損状況とか…
車間距離は、充分以上取りましょう。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/10/14 21:50
ディニ  一般部員 居住地: 広島県広島市  投稿数: 22
GN全損でしたので、ENに乗り換えます。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/10/17 6:04 | 最終変更
kenけん  ベテラン部員 居住地: 八王子  投稿数: 388
投稿おそくなりましたが、GN君の全損ですか。それはとても凹みますね。でもお体がご無事で良かったです。

以前に自分も通勤路の狭い道で、前を走っていたクルマが対向車とすれ違えずお見合いになったと思ったら、突然勢いよくバックしてきたので慌ててホーンを鳴らしました。幸いクルマの後方バンパーとGN君の前輪が軽くヒットしただけで済みましたが、いま思い出すだけでも恐ろしい体験です。
車間距離、これからも気をつけたいと思います。

新しい相棒のEN君と再び楽しいバイクライフをお送りください。(^^ゞ
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/10/17 15:57 | 最終変更
サンパチ  ベテラン部員 居住地: 新潟県  投稿数: 276
ディニさん、Kenけん初めまして。お見舞い申し上げます、大変でしたね。
ワタシも去年の9月、GNの弟のGSR250Sで右折レーンで乗用車の後ろで信号待ち中、停止線はみ出し停止していた乗用車が後ろも見ずにいきなり大バーック!!(; ̄□ ̄)
それこそホーンを鳴らしたり地面を蹴ってバックするいとまもなくハンドル右に切った状態でノーブレーキで突っ込まれました(;>_<)
クソ踏ん張って押し込まれながらも奇跡的に転倒しませんでしたが、
「済みません、後ろ見てませんでした。全部修理しますので……」
と言っていたオバちゃん、保険会社に丸投げ、当のe損保は、
・メールよこしゃ業務用の上書きの使い回しのメール(だろうな)でこちらの名前は違うわ、間違いだらけで内容も?
・担当のお姉ちゃん「車検証が必要ですので、写しを」「は?250ですので……」「ですから、車検証が……」「……。(このヒトに任せて大丈夫なんかな……)」
・担当が短期間にコロコロ変わる
・バイク屋にアジャスターを派遣忘れ(そろそろ修理終わったかな、と思ってバイク屋に電話したら「まだアジャスター来てなくて、修理入れないんですけど」と)
・遅ればせながらバイク屋に行った後も、当のアジャスターから直接ワタシに連絡ない(バイク屋も「こんな保険屋、見たことない。普通、連絡するよ?」と。)
・e損保から修理箇所と金額についてメール来たけど、ハンドルストッパー部の変形と通電しなくなったUSB電源はスルーされていたので連絡したら、
「確認する」
と言って後日来たメールでは
「最初から認識していた、忘れていた訳ではない。ハンドルストッパーは走行に支障がないと認識している。USB電源は本当にこの事故でそうなったか分からない。証明責任はそちら」
と(;-"-)(0:100の事故ですからね、当方過失ゼロですよ?)
・あまりのいい加減なe損保の対応に、事故の相手方に
「あまりにもヒドいんで、e損保にちゃんとやってもらうよう、お宅から言ってください」
と言ったら「保険会社からは相手に連絡が取れないので時間がかかってると言われてたのですが」と(そうじゃないだろ!?)。
・後日保険屋から
「遺憾です、弁護士入れますので、これからはそちらが窓口になります」
・で、弁護士に電話したら弁護士は
「最初の対応でこじれちゃったんでしょうねぇ……」
と言うし
「こちらの過失ゼロだし、「走行に支障がない」とかではなく、壊れたところはキレイに直すのは当然ではないか。USB電源の件についても説明責任はそちら、と修理せず「だったら証明しろ」はあまりにも失礼ではないか、誠意や正義といったものはどこにあるのか」
と問うたところ
「私は保険屋のメッセンジャーですから。保険屋からこれでやってくれ、と言われたのをお伝えするだけですから」(;°Д°)ハァ?
それじゃ「弁護士を入れて話し合い」ではなく「メンドクサイ相手には弁護士前面に出して黙らせちまえ」てぇコトか!?
何れにせよ、最初から「結論ありき」の感あり。
契約者しか見てない(当たり前か)。
最後に出てきた保険屋の担当の男性(前の担当2人はトンチンカンな女性)、言うに事欠いて「ワタシもオートバイに乗りますしねー」と「オートバイのコト解ってますよ」的なコト宣いやがったので「じゃあ言わせていただきますが、1トン半以上ある車がいきなりバックしてきて、しかもノーブレーキで250の単車にぶつかって停止、その衝撃を前輪からフロントフォーク、ステアリングステム、ハンドルストッパー周りで受け止めた、という事実をどのようにお考えですか?事実、ハンドルストッパーが変形する程のダメージなんですが?」と言ってやったが、「アジャスターからの報告の通りなので」と取り合わずスルー。「ではアジャスター氏と話をさせてください」「お断りします」
保険屋は担当がこの客ウルサイ、手に負えないと思ったら弁護士に丸投げ、弁護士は保険屋側なので相手方のコトなんか考える訳がない、あの手この手で諦めさせようとする。
コマーシャルのイメージ皆無 o-_-)=○☆パーンチ
事故はしょうがない、ゼロにはならないし。
でも起こしてしまった時、どちらも不幸にならず、正しい補償が受けられるべきであろうし、安さ第一でいい加減な保険会社を選ぶことは結果的に自己の責任を十分果たしていないコトになるので、保険会社選びとプランはしっかり選びたいと思う。
事故の時、痛い思いとダメージのデカさはオートバイの方が上ですからね。

で、ディニさんはENに乗られているそうなので、キチンと保償を受けられたのでしょうね、0:100だし。
事故後、相手方は保険屋に任せた後は保険屋の理論でコトが進められるので、主張すべきところはできるだけ記録を取って不利にならないように進めることが大事ですね。
相手方と保険屋は別人格、保険屋はなるたけ金を出したくないのは当然、例えそれが100:0でも。
オートバイは事故に遭うと、そのダメージは様々な箇所に及びます。
不安を抱えたまま乗りたくないし、いい加減な修理でごまかされたら、第一オートバイが可哀想です(T^T)
皆様、お気を付けあれー!!



  条件検索へ